【ラスベガス】カジノの決済方法は?

ラスベガスのカジノではクレジットカード払いが可能で、それ以外にも現金などさまざまな支払方法があります。今回はラスベガスのカジノでの決済方法の種類や損をしないチップ購入方法について解説していきます。

クレジットカードは使える?メリット・デメリットは?


ラスベガスのカジノではクレジットカードでチップを購入することができ、「VISA」、「マスターカード」の2つは対応しているカジノが多く「JCB」や「アメックス」を使うことのできるカジノもあります。カジノでクレジットカードを使うのであれば、事前に自分が行こうとしているカジノで使えるカードを調べておく必要があります。

カジノでクレジットカードを使用した場合はショッピング枠で引き落とされますが、カジノによってはショッピングかキャッシングか聞かれる場合があるので、ショッピング枠と答えれば大丈夫です。チップをクレジットカードで購入するときは、キャッシャーでどれくらい換金するのかということを伝えてクレジットカードを渡すだけでチップを購入できます。

ラスベガスのカジノ内にはキャッシャーの周囲にクレジットカード専用のATMがあり、その近くにはコムチェックマシンというATMとほとんど同じように見える機械も設置してあり、どちらでもクレジットカードで現金を引き出すことができます。

クレジットカード1枚あればチップ購入ができ、カジノ内で厳禁をいつでも引き出せるというのがメリットと言えるでしょう。しかし、クレジットカードを使うときには、現金にはない「手数料」を支払わなければなりません。チップをクレジットカードで購入する場合は3~5%、ATMの場合は8~30ドルは手数料を取られてしまいます。少額での利用回数が多いと高い手数料を何度も支払うことになって損をしてしまうというのはデメリットになります。

日本円を持っていくメリット・デメリットは?カジノでドル両替してもOK?

ラスベガスのカジノに行くときに、日本円を持っていくかどうか悩む人がいます。現地通貨だけでOKじゃないかという人もいますが、万が一手持ちの現地通貨がなくなってしまったときのことを考えると、日本円は持って行ったほうがよいです。

ラスベガスのカジノ内では日本円を現地通貨に両替することができるので、ゲームで現地通貨を使い切ってしまってもカジノ内で日本円を両替すれば続けて遊ぶことが可能になるというメリットがあります。

ラスベガスのカジノ内では「キャッシャー(CASHIER)」で両替を行いますが、サービス施設であって両替所ではないため電光掲示板などでのレート表示がありません。そのため交換するときにレートを聞く必要がありますが、カジノでは「1円=××ドル」という表示になるため初めて利用する人はレートがわかりにくいです。1ドルが日本円でいくらか知りたい場合には、聞いたレートを1で割ると日本でのレート表示になります。

21歳以上ならカジノに入ることができゲームをプレイしなくても日本円を両替することができますが、カジノで遊ぶ人向けの両替になるため21歳未満は両替目的であってもカジノに入場することはできません

ラスベガスのホテル内にあるカジノでの両替は、ラスベガス国内でみると比較的日本円にとって有利なレートですが、日本で両替したほうがレートは高いというデメリットがあります。カジノで使う予算が決まっているのであれば、ラスベガスのカジノで両替をせずあらかじめ日本で両替をしていったほうがよいです。

損をしないチップ購入方法(場所、理由、他の購入方法との比較)


カジノ内でテーブルゲームを行う際には、現金を一度チップに変える必要がありますが、ラスベガスのキャッシャーではクレジットカードでチップを購入することができます。この場合手数料がプラスされてしまうため、お得にチップを購入したいのであればテーブルでディーラーからゲーム開始直前に購入することをおすすめします。

ゲーム開始前にチップを購入するときは、お金を差し出せばディーラーはほとんどの場合こちらがチップを購入したいと思っていることがわかります。しかしこのとき、ディーラーに現金を手渡ししようとしても拒否されることがほとんどです。

基本的にテーブルでチップを購入するときは、いったんお金をテーブルに置いて、置いたお金がいくらなのかということをきちんと分かるようにする必要があります。

お金の置き方にもルールがあり、ゲームのときにお金を置く場所に置いてしまうと次のゲームに賭けると勘違いされてしまうので間違えやすい場所に置かないようにする必要があり、金を出したときに「チェンジ」とディーラーに一声かけるようにしたほうが、間違いが起きにくいです。

100ドル以上の高額をチップに変えようとした場合、不正防止のためディーラーは近くにいる上司に金額の確認をしてもらってからチップへの両替を行う決まりになっているので、高額の場合はチップ購入に少し時間がかかる場合があります。

まとめ

ラスベガスのカジノではクレジットカードでチップを購入することができますが、現金と違いクレジットカードは手数料が発生してしまうのでなるべく現金で支払ったほうがお得です。ラスベガスのカジノ内ではキャッシャーで日本円を現地通貨に両替することができますが、カジノ内での両替はゲームをプレイする人へのサービスの一環で行っているので21歳以上という年齢制限が発生します。

基本的にチップはキャッシャーで購入するよりは、テーブルゲーム参加直前にテーブルでディーラーから現金で購入すれば手数料は必要ありません。「チェンジ」と一声かけて、お金を出すだけでチップを購入することができますが、ゲームのときにお金を賭けるスペースに置いてしまい次のゲームに賭ける金額と思われないよう注意しましょう。高額の場合はディーラーの上司がお金の確認を行うため購入に少し時間がかかることがあります。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!