【カナダ】ナイヤガラに格安で行ける「カジノバス」とは

カナダに飛行機で行ってもそこから滝があるナイアガラフォールズまでは公共交通機関を利用する必要があり、値段もそれなりにしてしまいます。しかし裏技的な使い方ができる格安スのカジノバスというものがあります。今回はカジノバスについて見ていきます。

カジノバスってなに?


カジノバスはトロント市内やトロントを含むGTAエリアと「ナイアガラ フォールズビュー カジノ リゾート」を結ぶバスのことを指します。条件さえ満たせば格安で乗ることができるので利用客も多いです。まずはカジノバスがどのようなものか見ていきます。

カジノバスはナイアガラの滝の眼前に位置しリゾートホテル内にカジノを持つ「ナイアガラ フォールズビュー カジノ リゾート」が「泰安旅遊(Safeway Tours)」と提携して運行している中国系の送迎バスです。カナダの空の玄関口であるトロント・ピアソン空港からナイアガラの滝があるナイアガラフォールズまでは直行の電車はなく、電車を乗り換えたりシャトルバスに乗るというのが一般的な移動方法です。

カジノリゾートまで直行便になっているばかりでなく、シャトルバスなどより格安でナイアガラフォールズに行くことができます。1時間に1本ペースの運行をしているので時間にこだわらない人なら予約なしでも乗ることができるでしょう。

カジノバスは乗車したときに帰りバスの乗車時間が記入されたチケットをもらいますが、この乗車時間はカジノリゾートのホテルの受付で変更できるので必ずその便に乗らなければいけないわけではありません。

どうやったら乗れる?

カジノバスはトロントやGTAエリアからナイアガラフォールズに行くときに格安で利用できるバスですが、乗車場所や運賃が気になるのではないでしょうか。ここからはそんなカジノバスの乗車場所などについてお話していきます。

カジノバスはリバーデイルパークの近くにあるノースウエストコーナーが始発点になることが多く、地下鉄のカレッジ駅の近くにあるホリデイインミッドタウンが次の乗車場所になります。そして留学生をはじめとして多くの乗客が乗るチャイナタウンセンターを経由して終点であるナイアガラ フォールズビュー カジノ リゾートを結ぶ路線になります。また1日に2便だけ始発場所がノースウエストコーナーではなくティム・ホートンズになり、そこからノースウエストコーナーを経由して通常のルートに戻ります。カジノリゾートから帰るときに止まる場所も行くときと同じですが、帰りの場合はあらかじめチケットで降りる場所がわかっているので降りる人がいない場所は無視してバスが進むことになります。

バスの運賃はカジノのカードである「PACカード」というものを持っていれば往復で8カナダドルという値段で、初めてカジノバスを利用する人は当然カードを持っていないので、この場合は20カナダドルになります。しかしカード作成料も込みで20カナダドルなので実質片方は無料とも言えます。カジノバス以外でナイアガラフォールズに行く場合はカナダエアバスのシャトルバスで往復で143カナダドル、長距離バスでもトロント市内から約60カナダドルからなので、いかに格安なのかがわかります。

カジノバスに乗るのに予約が必須というわけではありませんがコストパフォーマンスが非常に高いのもあって利用する人も多いです。そのためある程度滞在時間が決まっている場合やスムーズに移動したい場合は予約をしておいたほうが乗れなくなることがないのでおすすめです。また、忙期であれば乗車時に予約の有無の確認があり、予約をしておけば優先的に乗せてくれるので可能であれば予約をしておいたほうが賢くカジノバスを利用できると言えます。

注意点


カジノバスは誰でも利用ができるわけではなくさまざまな注意点があります。ここからはカジノバスの利用に対する注意点を見ていきます。

カジノバスはカジノで遊ぶ人を目的としたサービスバスなので、カジノの年齢制限である19歳以上でない場合はカジノバスの料金が適用されず、はるかに高い乗車料金を支払わなければなりません。またバスの車内では年齢確認や初回であればPACカードを作るときなどにパスポートが必要になりますが、パスポートを持っていない場合も18歳未満の利用客と同じように高い乗車料金を課されてしまいます。

年齢制限以外にもカジノバスはカジノが目的になるので、直接カジノに持ち込むことができないスーツケースやバックパックといった大型の荷物はバスの中に持ち込むことはできません。

格安で移動できるならカジノバスを利用したい、しかしカジノにはできれば行きたくないと考える人も中にはいることでしょう。厳密に言うとカジノで利用するPACカードを作ることになるため、1ドル以上カジノで遊ぶことが求められます。しかし中にはカジノを1度も利用せずカードを作っただけでカジノバスを往復で利用したという人もいます。それができるならカジノに行かないと考える人もいますが、PACカードをバスを降りるときにチェックする人がいて履歴でカジノの利用がわかってしまいます。バス側も不正防止のために運行管理も年々厳しくなっているので社会見学と割り切ってカジノを使ったほうがいいでしょう。

まとめ

今回は普通の公共交通機関よりも格安の値段でナイアガラフォールズに行くことのできるカジノバスについて見てきました。年齢制限やカジノを利用する必要があるなど注意点も多いですがしっかりクリアできればかなりお得にナイアガラの滝も楽しめるので、ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!