【フランス】カジノバリエール・アン・ギャン・レ・バンの特徴を徹底紹介

カジノバリエール・アン・ギャン・レ・バン(Casino Barrière d’Enghien-les-Bains)はフランスのパリからも訪れられるアン・ギャン・レ・バンにあるフランス最大のカジノです。

昔から、フランス有数のコミューン(自治体)として栄えたこの街。今もこちらのカジノはフランスのカジノ収益で1位を誇る賑わいをみせています。パリ観光から少し足を伸ばせば訪れられる利便性もあいまって、世界中の人が訪れています。温泉地としても知られています。人口1万人の小さなエリアですが、常に活気に溢れています。

今回はこのカジノバリエール・アン・ギャン・レ・バンでプレイできるゲームなどを解説します。

カジノバリエール・アン・ギャン・レ・バンの基本情報

カジノバリエール・アン・ギャン・レ・バンはかつての王族や貴族たちが愛してやまなかったアン・ギャン・レ・バンの湖のほとりにある巨大カジノです。

カジノのすぐ近くには、カジノ運営元のバリエール社によって造られた4つ星ホテルも用意されています。温泉のある保養地として裕福なパリ・ジェンヌたちが足繁く通ったことから、第一次大戦前からカジノをはじめとするエンターテイメントが盛んなコミューンでした。かのルイ18世がこのアン・ギャン・レ・バンの温泉で思い皮膚病を治療したこともあり、今日のフランスにおいても特別な場所として知られています。

アン・ギャン・レ・バンの街は街路樹によって綺麗に区画されており、湖のほとりには豪華な別荘やレストランなどが立ち並んでいます。

目の前の噴水で豪華なショーが繰り広げられるアン・ギャン・レ・バンでは、スロットやブラックジャック、ポーカーなどのテーブルゲームが楽しめます。また、レストラン2店舗やバーも併設されているため、食事とカジノを同じ場所で楽しめるという利便性も。

住所: 3 avenue de Ceinture, Enghien-les-Bains, France
営業時間: 10:00~翌4:00(土日祝日は翌5:00まで営業)
*テーブルゲームは15:30〜翌4:00 (ポーカールームの利用は21:30〜翌4:00)
アクセス:  日本からパリのシャルル・ド・ゴール空港までは直行便の運行あり。パリから電車や車でアクセス可能。電車であれば15分、車では30分ほどの所要時間。

カジノ施設の情報

「カジノバリエール・アン・ギャン・レ・バン」でプレイできるゲームの種類は以下の通りです。

・スロット
・カジノ・ウォー
・ブラックジャック
・ルーレット
・プント・バンコ(PUNTO BANCO)
・大小
・BOULE
・フレンチ・ルーレット
・ポーカー(テキサス・ホールデム/ポーカー・アルティメット)
など

カジノ入場の際には厳しいセキュリティチェックがあります。パスポートの携行はもちろん、指紋の登録を求められます。
入場時間によって入場料や手荷物預け金が発生したという利用者の声もあり、11ユーロから16ユーロほどかかると言われています。しかし、公式サイトでは記載されていません。

アン・ギャン・レ・バンではクレジットカードの利用も可能です。(対応カードについては現地で確認する必要があります。)

ドレスコードですが、基本的にフランスのカジノはカジュアルな服装でも入場可能となっています。ただ、過度な露出の服装、タンクトップや水着などは入場NGとなる可能性が高いので、相応の服装で訪れるようにしましょう。

カジノのゲームについては一般的なカジノで楽しめるゲームが揃っています。ルーレットには電子版のものがあり、一人で自分のペースでプレイしたい場合にはおすすめです。フレンチルーレットなどフランスならではのゲームもあり、ラスベガスなどのカジノでプレイ経験がある人にとっても新鮮に感じることでしょう。

国によってルール異なるルーレット

どこのカジノでもプレイされているルーレット。自分の好きな番号を予想し、玉が自分の番号が示されたポケットに落ちたら当たり、という非常にシンプルなゲームのため、初心者でも気軽に参加できます。カジノに来たら、まず運試しとしてやってみるのも良いでしょう。

ルーレットと言って、ほとんどの人が思い浮かべるのが「アメリカン・ルーレット」ではないでしょうか?アメリカン・ルーレットの場合は「0」と「00」の2種類があります。また、カジノによってルールは異なりますが、「サレンダー」というルールが適用されることもあり、この場合は「0」や「00」が出た場合、他の特定の数字に賭けていたとしてもベット額の半分が返ってきます。(必ず、どのルールが適用されているかは事前に確認しておきましょう。)

一方で、ヨーロピアン・ルーレットやフレンチ・ルーレットは「00」がないため、単純に自分の予想が当たる確率が少しだけ上がります。(「シングルゼロ」と呼ばれることもあります。)フレンチ・ルーレットはヨーロピアン・ルーレットと出目の配列が異なっています。

カジノ側としては、勝率を抑えられるアメリカン・ルーレットを導入するカジノが多いため、フレンチルーレットがある場合はぜひチャレンジしたいですね。

まとめ

フランスのパリから日帰りで訪れられるカジノ、カジノバリエール・アン・ギャン・レ・バン。カジノだけでなく、自然豊かな街は散策をするだけでも趣を感じられるものです。ぜひ、パリへの観光の際は、もう少し足を伸ばして、アン・ギャン・レ・バンを訪れてみてはいかがでしょうか。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!