【制裁】ラオス国境沿いのカジノが犯罪の温床に?

ラオス国境沿いにあるカジノでは犯罪が横行し、地元民の生活に不具合を出していました。米国の財務省が動き、カジノオーナーに資金凍結の制裁を科したとしてニュースになりました。

問題となったカジノの存在

カジノで遊ぶ人

ラオスとミャンマー、タイの国境沿いにあるカジノに対して米財務省が制裁を科したということがニュースになっていました。その背景は、カジノという場所が麻薬取引や人身売買の温床となっていた為とされています。ラオスの中でも中国の国境の側にあるボーテンのカジノが問題とされていました。

その昔、ボーテンで中国企業がカジノを中心とした観光開発に乗り出しました。中国では賭博が違法行為に該当する為、国境を越えたボーテンはカジノを作るのに適していたと言えます。ここにカジノタウンを作ることで、中国人の旅行者を呼び込む計画を立てていました。2003年には開発がスタートし、国境へと続く細い村にホテルやショッピングモール、投資目的のマンションが建設されたのです。

この当時のボーテンは、ギャンブルタウン化してしまい、カジノだけではなく路上麻雀なども盛んに行われていましたし、売春も横行していました。カジノで勝った男たちの相手をする為に、中国から出稼ぎで来ている女たちも後を絶ちません。大きなホテルの前に立ち、観光客などを相手に売春をしてお金を稼いでいたのです。また、麻薬を売る地元民の数も増加。ラオスは大麻とアヘンの名産地とされていて、麻薬売買にも好条件となってしまいました。

山岳部の少数民族は換金作物として昔から麻やケシを栽培し、旅行者に売っていましたが、カジノが出来てからは大っぴらに行われていたと言われています。売春婦や麻薬となれば、マフィアにとってはこれほど好条件な場所はありませんから、治安はどんどん悪化していきます。犯罪が増え、殺人事件も珍しくない程に治安は悪化し、カジノで支払いができなかった人は殺されてしまうなどと噂されるようになったのです。

この事態を重くみたラオス政府が2011年にカジノを閉鎖。これによってボーテンは以前のようになるかと思いきや、中国はまた新たな開発を試みます。地元民にとっては悪影響でしかない状況でした。現在では、20数件の雑貨店や飲食店が街の片隅にあり、中国人が経営しているようです。中国の良いように使われてしまったボーテンに住んでいた少数民族はお金を出すから出ていけと言われたと言います。

アメリカによる制裁とは

カジノの闇

ラオス国境付近にあるカジノに対して米財務省が待ったをかけました。麻薬取引や人身売買、犯罪などが横行するようになったことを受け、早急に解決するべきと動いたのです。制裁の内容としては、カジノオーナーに対して在米資産凍結を行ったとロイター通信が伝えています。資産が凍結してしまうことで、オーナー達も困る状況に陥っていると言えます。

この事実は日本も無関係と言えません。ラオスでは2020年までに後発開発途上国から脱却するという悲願を持っていますが、この発展には中国の存在がとても大きいと言わざるを得ません。しかし、結果として中国が進出することによって、地元民に影響が出ているのも事実です。中国からの巨額投資というのはラオスにとってはかなりの影響がある反面、アメリカのシンクタンクである「世界開発センター」は警笛を鳴らしています。

実は中国が進める一帯一路によって多額の債務を抱えている国が68か国もあるというのです。この中にラオスも含まれており、債務返済に向けて財務状況が最も脆弱な8か国の1つに挙げられたのです。ラオスの債務は2018年までにGDP比70%を超える規模にまで膨れ上がってしまうと分析されています。巨額の債務には鉄道の経営権や鉱山、土地、ダムの利権が担保に設定されています。もし万が一返済が滞ってしまった場合には、それらが全て中国の手に渡ってしまうというリスクが背景にあるのです。このままですと、ラオス自体が中国に飲み込まれてしまう可能性が出てきてしまいました。

この事実に対して、研究者がリスクを示唆しています。そして今回の制裁です。中国にがんじがらめにされていることで、安全保障や政治の面で不利になってしまっているのも事実ですから、そのような状況を少しでも回避することができるのではないかと制裁に踏み切りました。

まとめ

ラオスのカジノが米国に制裁を受けたというニュースは、中国にとっては不利になる出来事でした。しかしながら、債務に悩まされながら中国の言いなりになってしまっているのが現状なのです。廃カジノが犯罪やマネーロンダリング、麻薬売買などの温床になってしまうことを恐れての制裁となりました。中国によって恩恵を受けている地域は他にもありますが、リスクも相当なものであるということを理解しておかなければなりません。楽しいはずのレジャー施設が犯罪の温床になっては意味がありません。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!