リゾート・ワールド・セントーサでカジノも観光も楽しもう!【シンガポール】

リゾート・ワールド・セントーサは、シンガポールのセントーサ島にある超大型リゾート施設(IR)です。

カジノをはじめ、ホテル、ショッピング、テーマパーク、レストランなどアジア最高峰の施設が一帯に集まっているため、「アジアの中でも特に人気の観光地」として世界から多くの観光者が訪れます。

 

リゾートワールドセントーサとは?

リゾート・ワールド・セントーサの公式サイト

出典元:https://www.rwsentosa.com/en

シンガポールにある2つのIRの1つ、リゾート・ワールド・セントーサは、島一帯がリゾート地となっているセントーサ島にあります。(2010年にオープン)

モノレールを使って島に行くのが一般的なんですが、そこから見える景色は”現実離れした規模間”という言葉が一番しっくりきます。

また、ユニバーサル・スタジオ・シンガポールや、ハードロックが手掛ける大型ホテルなどの巨大な建造物から、世界で最も大きい水槽をもつシー・アクアリウム、100店舗以上あるショップ、飲食店、カジノと、大型IRなだけに何でもあるのが特徴です。

 

基本情報

IR名 Resorts World Sentosa
公式HP http://www.resortsworldsentosa.jp/
住所 8 Sentosa Gateway, シンガポール 098269
営業時間 365日24時間(施設によって異なる)
+6565778899
運営会社 Genting Singapore Limited(ゲンティン)

 

支払い方法(通貨・両替・クレカ)

通貨 基本的にシンガポールドル(表記:S$)
レート S$1=約81円(2019年2月時点)
両替
  • 現地空港(チャンギ国際空港)
  • ホテル
  • 施設内に設置された両替所
クレジットカード
  • VISA
  • MASTER
  • JCB(使えない場合がほとんど)

 

リゾートワールドセントーサへのアクセス方法

リゾート・ワールド・セントーサへ行くためには、シンガポール本島からMRTと呼ばれる地下鉄やタクシー、バスなどを使って海を渡り、シンガポール南側にあるセントーサ島へと向かいます。

シンガポールのチャンギ空港からリゾート・ワールド・セントーサに向かう場合は、空港からMRTに乗り、アウトラムパーク駅でハーバーフロント駅に乗り換えてください。バスでもハーバーフロント駅にあるバスターミナルまで行く必要があります。

ハーバーフロント駅からはモノレールやバスなどを使ってリゾート・ワールド・セントーサに行くほか、15分ほど歩いても行くことができます。

また、タクシーを利用する場合は「リゾート・ワールド・セントーサに向かって」だけではさまざまなホテルやアトラクションがあり、アバウトすぎて伝わりません。「泊まるホテル」や「行きたいアトラクション」を告げるとスムーズです。

 

リゾートワールドセントーサが人気な7つのポイント

夜のリゾートワールドセントーサ

リゾートワールドセントーサのカジノについては後に説明するとして、まずはこのIRの「魅力」について紹介しましょう。

 

【1】世界最大規模の水槽をもつ水族館「シーアクアリウム」

シーアクアリウム

引用元:www.govoyagin.com

シーアクアリウムは幅36メートルを超える、世界最大規模の水槽をもつ水族館です。

この最大の水槽だけでも約5万匹もの魚が泳いでおり、水族館全体では10万匹以上、海洋生物の種類は800以上といわれており、日本では観られない世界各地の生き物を観ることができます。

また、ホテルやレストランも隣接しており、水槽が置かれた「オーシャン・レストラン」や、窓を開けると水槽の中が見える「オーシャン・スイート」など、水族館とコラボした施設はぜひ一度

 

【2】最高のアトラクションが楽しめる「ユニバーサル・スタジオ・シンガポール」

リゾートワールドセントーサには、東南アジア初となるユニバーサルスタジオもあります。それほど敷地は広くないですが、子供から大人まで、十分にアトラクションを楽しめることでしょう。

日曜日はかなり混みますが、平日はそれほど混まずに、どのアトラクションも待ち時間は30分ほどです。

トランスフォーマーやジュラシックパークのアトラクションは水しぶきでずぶ濡れになるので、あらかじめ「濡れてでも楽しもうぜ!」というスタンスで搭乗することをおすすめします(笑)

 

【3】綺麗で快適な4つのホテルと各ルーム

リゾートワールドセントーサ内のハードロックホテル

  • クロックフォード・タワー
  • ホテル・マイケル
  • フェスティブ・ホテル
  • ハードロック・ホテル・シンガポール

リゾートワールドセントーサで宿泊を考えている場合は、この4つのホテルから利用しましょう。総客室数は1340室です。

今、日本のIR建設において、苫小牧の誘致に力をいれている「ハードロック」のホテルもあるので、「どんなもんか?」と試しに宿泊してみるのも面白いかもですね!

ちなみに、ハードロックの目印は「ギターの像」に「Hard Rockと書かれた黄色い文字」です。

 

【4】アジア最高峰の施設「フェスティブ・ウォーク」

カジノ、劇場のリゾート・ワールド・シアター、大型プールのウォーターパーク、ショップ、飲食店などがあり、買い物から飲食までここで完結します。

また、約1万平方メートルを誇るシンガポール最大級のスパで、ゆっくりくつろぐのもよいかもしれません。

リゾートワールドセントーサのお土産などはここで購入かな!

 

【5】夜のショー

リゾートワールドセントーサの建造物

リゾートワールドセントーサでは、夜になるとショーも開催されます。

ジェレミー・レイルトンが演出する水と炎と光のショー、マーライオンのショーなど様々なイベントがあるので、日中の疲れを癒したい方や、リゾートワールドセントーサならではの思い出を作りたい方はぜひ観てみてください。

カップル旅行の方は必見です!

 

【6】レストラン

リゾートワールドセントーサのレストラン

引用元:www.rwsentosa.com

高級レストランから、カジュアルな庶民的なレストランまで60店舗を越える飲食店がありますが、

  • ミシュランを獲得した「ジョエル・ロブション」
  • マレーシアの屋台が再現されたフードコート「キャット・コーラ」
  • エステ内にある「タンジェリン」
  • シー・アクアリウムの中にある「オーシャン・レストラン」

がおすすめです。

どれも一流の名がついた飲食店ですので、その日の気分によって楽しむと良いかもしれません!詳しくは公式HPより確認できます。

 

【7】受賞歴がハンパない!

リゾートワールドセントーサの受賞歴

2011年 アジア最高の雇用者ブランド賞
2012年 SIAS INVESTORS ‘CHOICE AWARDS 2012(最も透明度の高い企業賞)
2013年 ブランド財政アジア – シンガポールのTOPブランド
2014年 国際広報協会ゴールデン世界賞
2014年 MAY DAY MODEL PARTNERSHIP AWARDS
2015年 FINANCE ASIA – アジアの最も優れた企業(4位)
2016年 ブランドファイナンスシンガポール(ブランド価値・8位)
2017年 ブランドファイナンスシンガポール(ブランド価値・10位)

この他にも「シンガポールタトラーのベストオブシンガポール2015」というベストスパ賞や、「TTGトラベルアワード2015」というベストIR賞など、数々のタイトルを総なめ状態です。

”受賞歴”がすべてではないですが、このような賞の対象として認められるということは様々な人に評価され結果を出しているということ。

公式HPよりすべての受賞タイトルを確認できますが、企業、ホスピタリティ、フード、スパ…どれを見てもアジアのトップクラスです。

 

リゾートワールドセントーサのカジノについて

リゾートワールドセントーサのカジノ

リゾート・ワールド・カジノは、観光客の入場料が無料です。パスポートによる身分証明が必要ですが、普通の観光客であれば問題なく入場できます。

カジノ内で換金をしたい場合は500ドルから手数料3%で可能ですが、1万を超えるなど大きな額を変える場合は損です。

また、カジノ内はアジア系(中国人と思われる)が多い印象で、映画のようなキレイな衣装に身を包み優雅にカジノ…といった雰囲気ではなく、「絶対儲けるからな!!」と言わんばかりのギャンブル大好きマンが約7割を占める、そんなイメージです。

まぁ、そもそもシンガポールのカジノは中国人を狙って作られたそうなんで当然といえば当然ですが、世界のカジノの中でも好みが分かれると思います。

 

入場制限と禁止事項

年齢制限 21歳以上
IDチェック パスポート
ドレスコード Tシャツ程度のスマートカジュアル
禁止事項 カジノ内の撮影禁止(外観はOK)

こちらのカジノは、若干ドレスコードが厳しいです。Tシャツなどラフな格好で大丈夫ですが、サンダル、短パンはNGなのでご注意を。あ、もちろんサングラス・帽子もイカサマ防止という観点からNGですよ。

また室内は冷房がガンガン効いているので、半袖だけでは少し肌寒いと思います。長袖も持っていくべきですね。

 

カジノエリア

カジノエリアはカジノゲーム等で大きく分かれますが、その他にも自国民or観光客や、喫煙の可否、男女専用などでも分かれています。

  • 禁煙エリア(2階)
  • 喫煙エリア(1階)
  • シンガポール人専用エリア
  • VIPエリア(2階)
  • レディースエリア

特に喫煙エリアと禁煙エリアの雰囲気が大きく違うので、かなり混んでいており、
観光地にあるカジノなので、観光客も多いカジノです。

 

リゾートワールドセントーサで遊べるカジノゲーム

基本的に”王道”といわれるカジノゲームはすべてプレイできます。総面積1万5000平方メートルの敷地に、テーブルゲームが500席、スロットマシンは2,400台以上です。

 

ミニマムベットの額はやや高め

全体にミニマムベットの額(最低賭け金)が高い印象で、ルーレット以外は平均25$~くらいでしょうか。

もちろん低いレートのテーブルもありますが、リゾートワールドセントーサはアジア有数の観光地ということもあり、混雑時は多くの観光客で埋まりなかなか席があきません。(難点)

十分に遊ぶなら、予算は3万円以上持って行くべきです。

 

まとめ

リゾート・ワールド・セントーサの制限や注意点、魅力、カジノ情報など、たくさんのご紹介しました。

セントーサ島は、カジノ以外にもリゾート地として観光スポットが多く、カジノを行う以外にも遊べます。

ぜひシンガポールへご旅行するなら、リゾートワールドセントーサに足を運んでみてくださいね!

 

20代後半の男kenと申します。ここ最近、年に2回ほど旅行でカジノをプレイしています。韓国やシンガポールのカジノでプレイしたことがあります。
最近電子タバコに変えようかなと考え中・・・・


友達にもシェアしましょう!