【必読】ロイヤルベガスカジノの出金・入金方法を全解説

ロイヤルベガスカジノは世界的に見ても老舗と言われ、日本国内でもプレイヤーが多いオンラインカジノです。今回はロイヤルベガスカジノで遊ぶために覚えておきたい入金・出金の方法や流れについて見ていきます。

ロイヤルベガスカジノの出金・入金の方法は?

ロイヤルベガスカジノは2000年から運営が開始され、オンラインカジノのライセンスの中でも健全性がもっとも高いといわれるマルタ共和国の政府がライセンスを発行しています。
そのため世界的に見ても老舗とされ、多くのユーザーがロイヤルベガスカジノで遊んでいるとされているのです。

そんなロイヤルベガスカジノで出金することができる方法として、エコペイズ、エントロペイ、visaやmastercardといったクレジットカード、一部のデビットカードが存在しています。入金方法も出金と同じ方法が存在しているので、入金と出金でセットで考えることがやりやすいと言えます。

一時は銀行送金やビットコインなどの方法も存在していたようですが、2018年8月現在では利用できなくなっているようです。
出金についてクレジットカードや一部デビットカードも使えることにはなっていますが、いざ出金しようとしたときにそのカードを使用することができず他のカードを試さないといけないこともあるようです。

また他にカードなどを持っていない場合はエコペイズやエントロペイなどの仮想財布を結果として用意しなければならなくなるので、クレジットカードでの入金を考えるときは注意が必要になります。

出金の流れ

ここからはロイヤルベガスカジノから出金をする流れを見ていきましょう。

まずトップページの「入金」ボタンやダウンロード版の場合は画面下部にある「バンク」をクリックすると入出金画面が開くので、上部にある「引き出し」ボタンを押すと引き出し額を指定する画面が開くので出金したい金額を入力します。
この時の金額は$50以上が必須とされているので、$50に満たない場合は出金が出来なくなるので、少ない金額で出金しようとするときは注意が必要です。また入金方法と別の方法から出金したい場合は、その出金方法から過去に1度以上入金の履歴がないと出金ができないのでこれも覚えておきましょう。
引き出し額を入力したら「次へ」をクリックすることで支払方法を選択できるので、自分が希望する支払方法を選び必要情報を入力して「次へ」をクリックします。

ここまでに不備がなければ引き出し内容の確認画面が表示されるので、確認した上で「引き出し」をクリックすると引き出し手続きが完了し、口座に入金されるまで待つことになります。

入金の流れ

ここまでは出金について見てきたので、今度はロイヤルベガスカジノへ入金する流れについて見ていきましょう。

出金するときと同じように上部の「入金」や下部の「バンク」をクリックして入金画面を開き、クレジットカードやエントロペイなど自分が希望する入金方法を選択します。

するとロイヤルベガスカジノ側で決められた10から200までの5種類の金額とその他の6項目が表示されるので、自分で希望する金額を入力する場合はその他を選び金額を入力します。あらかじめ決められた中から選ぶ場合は、希望する金額をクリックして「次へ」をクリックします。
その他で自分で金額を決める場合は最低入金額が$1以上でなければなりません。
すると自分が選択した入金方法に従って、さまざまな情報を入力する画面になるので情報を入力し、送信することで入金手続きが完了します。

出金の手数料・最低出金額・限度額・反映時間の比較

出金方法 エコペイズ エントロペイ クレジットカード デビットカード
最低出金額 $50 $50 $50 $50
最大出金額(上限なしには細かい条件があるようです) 上限なし 上限なし 上限なし 上限なし
手数料 不明 不明 不明 不明
承認時間 24~72時間 24~72時間 24~72時間 24~72時間

ロイヤルベガスカジノは出金手続きを開始するまでに「通常保留期間 」というものを24時間もうけています。この保留期間の間はキャンセルなどをすることができますが、この時間があるので出金手続きをしてから実際に出金が反映されるまで時間がかかる仕組みになっているのです。

入金の手数料・最低金額・最高金額・反映時間の比較

入金方法 エコペイズ エントロペイ クレジットカード デビットカード
最低出金額 $1 $1 $1 $1
最大出金額 上限なし 上限なし 上限なし 上限なし
手数料 不明 不明 不明 不明
承認時間 即時 即時 即時 即時

出金には書類提出が必要?

ロイヤルベガスカジノでは出金申請をするときに書類の提出が求められることがあります。

このとき必要になる書類はパスポートや運転免許証などの写真付きの公的な身分証が構成する「本人確認書類」、公共料金の請求書や住民票などで構成される「住所証明書類」が必要になります。
また入金方法によってクレジットカードであればカードの両面、エントロペイなどのバーチャルカードの場合は情報が確認できるスクリーンショットが必要です。クレジットカードは表面は16桁の番号のうち前6桁と後4桁と有効期限が、さらに裏面のCVV2コード3桁をのぞく数字や署名が写っている必要があります。

これらの書類をスマートフォンやデジカメで撮影したものをロイヤルベガスカジノのサポートに送信することで本人確認が行えます。
これらの書類が必要になるのはマネーロンダリングをはじめとした不正行為を防止するのが主な目的であり、ロイヤルベガスカジノのみならずオンラインカジノのほとんどで必要になるものと言えるでしょう。

bee888と言います。最近はもっぱら、オンラインカジノをプレイしたり情報収集にいそしんでいます。
この知識を生かして、何かお役に立てればいいなと思います。


友達にもシェアしましょう!