ecoPayz(エコペイズ)の入金方法と流れ

現在カジペディアスタッフは、「オンラインカジノをするならNo.1」と呼び声が高いオンライン決済サービス「エコペイズ」へ、実際に登録・入金・出金した様子を紹介しています。

前回は入出金するためのファーストステップ、口座開設(登録)を行い、無事エコペイズの口座開設・アカウントのアップグレードが終わったので、今回はエコペイズへの入金にチャレンジします!

  • クレジットカードで入金できなくなったってホント?
  • 入金したらエコペイズに反映されるまでどのくらいかかる?
  • 入金の手数料はいくら?

こんな疑問は、今回のカジペディアスタッフ入金レポートですべて解決します。それではいきましょう!

 

▼エコペイズの口座開設方法は?通貨登録方法も紹介

▼エコペイズってどんなサービス?という人はこちらもチェック

 

WirePay(国内銀行振込)で実際に入金!手数料・反映時間は?

2019年3月現在、大部分のオンラインカジノユーザーにとって生命線とも言えるエコぺイズの入金方法「WirePay」。

エコぺイズで現在使える4種類の入金方法は後述するとして、まずはカジペディアスタッフがWirePayで入金した様子を詳しくご紹介いたします。

「WirePayってなに?」と思うかもしれませんが、その実態は一般的な国内銀行振込。実際の画面をひとつひとつ詳しく説明していきますよ!

 

入金先の口座をチェックする

ローカル入金「WirePay」の入金作業は、普段行っている銀行振込となんら変わりません。

自分の口座から資金を送金しますので、振込先を間違えないように口座のチェックを行いましょう。

 

入金方法を選択する

まずは公式サイト「https://www.ecopayz.com/ja/」にアクセスして、マイページ「ecoAccount」にログインしてください。

ログインするとマイアカウントが表示されていますので、左側のメニューにある「資金を入金」をクリックします。

「資金を入金」をクリック
次に上部の「入金するアカウント」でどの通貨口座に入金するかを選びます。通貨アカウントを追加していない場合は口座開設時に登録した通貨口座が表示されています。

下の部分はクレジットカード/デビットカードの登録画面になっていますので、ひとつ隣にある「ローカル入金方法」をクリックして移動します。

「ローカル入金方法」をクリック

「ローカル入金方法」では2種類の方法が表示されます。今回は左側の「WirePay」に進んでください。

「WirePay」をクリック

 

入金額を入力する

入金額を入力する画面が表示されます。ここでは、エコぺイズ口座に着金させたい金額を入力します。

カジペディアスタッフは5,000円をエコぺイズに入金したいので、5000と入力します。ここで入力する金額に入金手数料を加算する必要はありません

入金額を入力

金額を入力したら、注意事項を確認の上チェックボックスにチェックを入れて「続行」ボタンをクリックしてください。

最初に選択した通貨アカウントに入金されますので、入金したい通貨をきちんと確認しましょう。

 

入金先口座を確認する

「続行」を押下して進むと、エコぺイズの入金先口座情報と入金額が表示されます!

口座情報と入金額の表示

先ほど入金額に5,000円を入力しましたが、手数料分の250円(5%)が自動で加算され5,250円が入金額に表示されています。

ここに表示された5,250円を自分の国内銀行口座から入金すれば良いということですね。

WirePayでは最低入金額が存在します(およそ10ユーロ)。入金額を入力するときに表示されますので最低入金額以上を入金しましょう。

 

国内銀行口座から振り込む

先ほど表示された銀行口座に資金を振り込むのですが、みなさんはお気づきでしょうか?

カジペディアスタッフは思いました、「入金時、エコぺイズにエコぺイズ口座番号を伝えなくていいの?」と。

 

エコぺイズに口座番号を伝える必要はなし

オンカジユーザーの人はご存知の方もいるかもしれませんが、決済サービスによっては「ユーザー側で振り込み名義に口座番号(今回の場合エコぺイズ口座番号)を記載してもらい入金者を判別する」という仕組みを採用している場合があります。

そのため「振り込み名義に口座番号を書かなければ、決済サービス側が誰からの入金が分からずにお金がアカウントに反映されない」なんてことも!

ここでもう一度、先ほど表示された口座情報のページを見てみます。

口座情報と入金額の表示

「振り込み名義やメッセージ欄にエコぺイズ口座番号を書いてください」、というアナウンスや注意書きは一切ありません。

心配になって検索してみたところ、カジペディアスタッフと全く同じ疑問に悩む方々を発見しました。

外部掲示板のスクショ
引用元:【専用スレ】エコペイズ/ecoPayz(3)

やっぱりみんな不安ですよね…。でも大丈夫!

国内銀行口座からエコぺイズに入金するときにエコぺイズ側にエコぺイズ口座番号を伝える必要はないんです!

「え!それじゃあ誰からの入金かエコぺイズ側は分からないよね!?」と思いますが、ご安心ください。

エコぺイズの入金先に指定してある三井住友銀行の口座を調べてみたところ、入金照合サービス「パーフェクト」で使用する被振込専用支店であることが分かりました。

入金照合サービス「パーフェクト」とは
請求先ごとに別々の被振込専用口座の口座番号を準備し、入金照合作業を効率化することが可能。三井住友銀行がビジネスモデル特許を取得した画期的なサービスです。

つまり、エコぺイズに表示された入金先の銀行口座は自分専用の口座ということになります。

この口座には自分しか入金しないので、振り込み名義にエコぺイズ口座番号を記載しなくてもエコぺイズは入金者を判別できるという仕組みですね。

今までエコぺイズ口座番号を名義に記載して入金していた人も、これからはエコぺイズ口座番号を入力せずそのまま入金して問題ありません。

 

自分の銀行口座から入金する

さて、少し脱線しましたがようやく自分の国内銀行口座からエコぺイズに入金を試みます。

カジペディアスタッフは、三菱UFJ銀行からエコぺイズへ5,250円を入金しました。依頼人名(振り込み名義)はそのままでエコぺイズ口座番号は一切記載していません。

入金時に手数料500円がかかりましたが、これは自分の負担になります。

三菱UFJ銀行の入金画面

 

エコぺイズへの入金を確認!

入金処理が完了すれば、あとはエコぺイズ口座への入金を待つだけ!

入金反映までの期間は0~3営業日と案内されていましたが、今回は17時間ほどで入金が反映されました!

銀行の営業時間外(15時以降)に入金処理してしまったので翌営業日朝の入金となりましたが、営業時間内であればもっと早く入金が反映されるでしょう。

 

入金完了のメールをチェック

国内銀行口座からの入金がエコぺイズ口座に反映されると、登録したメールアドレスに入金完了のお知らせが届くので必ず確認してください。

入金完了のメール

 

エコぺイズの残高を確認する

入金完了のメールを確認したら、さっそくエコぺイズ口座に入金が反映されているか確認してみましょう。マイページ「ecoAccount」にログインしてください。

エコぺイズの残高を確認

ログインすると、JPYの口座に5,000円の残高が反映されていることが分かります!

せっかくなので、JPY口座の明細を見てみましょう。

エコぺイズの残高を確認

入金した額:5,250円
入金手数料:5,000円×5%=250円
口座着金額:5,250円-250円=5,000円

明細でもきちんと入金額と手数料の履歴が確認できます。明細は通貨口座ごとに確認できますので、複数通貨で登録する場合でも見やすく分かりやすいですね。

これにてエコぺイズへの入金は完了です!

 

エコぺイズ(ecoPayz)への入金方法!ビットコインは?

無事にエコぺイズへの入金が終わったところで、他の入金方法も詳しく解説していきます!

2019年3月現在、エコぺイズでは4種類から入金方法を選択できますが、オンラインカジノユーザーの入金方法は実質3種類となっています。

・クレジット/デビットカード【現在利用不可】
・WirePay(ローカル入金)
・Alternative Payments(ローカル入金)
・ecoVoucher

2019年3月現在、ギャンブル目的の場合はクレジット/デビットカードからの入金はできません。

ただし、本人確認をしていないクラシック会員では入金方法に制限がありますので、早めにシルバー会員にアップグレードしてくださいね。

 

WirePay(ローカル入金):国内銀行振込

WirePay(ローカル入金)

今回カジペディアスタッフが実際に試した入金方法です。国内銀行口座からエコぺイズに入金できます。

自分が持っている任意の国内銀行口座から入金できるので、いつもの振り込みと何も変わらず安心して利用できますね。

取引手数料 5%
通貨 JPY
反映時間 0~3営業日
入金制限 最低入金額:1300円前後(変動あり)
最大入金額:1,900,000円前後(変動あり)

 

Alternative Payments(ローカル入金):ビットコイン

Alternative Payments(ローカル入金)

「Alternative Payments」は、ビットコインによる入金方法です。
ビットコインをお持ちの人は手数料が無料の「Alternative Payments」で入金した方が、WirePayで入金するよりお得になります。

取引手数料 無料
通貨 BTC
反映時間 0~3営業日
入金制限 最低入金額:1300円前後(変動あり)
最大入金額:1,300,000円前後(変動あり)

 

ecoVoucher(エコバウチャー)

ecoVoucher(エコバウチャー)

エコバウチャーというプリペイドカードを外部サイト(Offgamers)で購入し、プリペイドカードの残高をエコぺイズ反映させる入金方法です。

ギャンブル目的の場合はクレジットカードでエコぺイズに直接入金ができませんが、エコバウチャー購入時の支払いではクレジットカードの利用が認められています

外部サイトを経由するぶん手数料が高くなり、1回で購入できる金額も決まっているのであまりおすすめしませんが、どうしてもクレジットカードで決済したい場合は「エコバウチャーを購入する方法もある」と覚えておきましょう。

取引手数料 2.9%+Offgamers手数料5.9%+為替手数料
通貨 USD(米ドル)、EUR(ユーロ)、GBP(ポンド)
反映時間 インスタント
入金制限 最低限度額:10EUR、高限度額:1,000EUR
1日あたりの利用最高限度額:1,000.00EUR

 

クレジットカードでは入金できない!【2019年3月現在】

クレジットカード

エコぺイズでは、2018年4月からギャンブル目的のクレジットカード入金が停止されています。

クレジットカード会社の都合でクレジットカードを使った入金が出来なくなったことにより、たくさんのオンラインカジノユーザーは混乱していると思います。

 

入金方法として存在するのに登録できない

もうご覧になったように、エコぺイズのマイページにログインすると「クレジットカード/デビットカード」の登録画面があります。

入金方法として表示がある
クレジットカード登録できるじゃん!!と思い登録に進むも、カード番号を入力しようとすると注意書きの表示が現れます。

注意書きの表示

表示を無視してクレジットカード情報をすべて入力してみたものの、一番最後にある「カードを追加」ボタンが押せず…。

「カードを追加」ボタンが押ない
人間自分の目で確認するまでは信用できないものですが、クレジットカードは本当に使えませんでした。クレジットカードでの入金は諦めましょう!

エコぺイズではクレジットカード入金の代わりとしてWirePay(国内銀行振込)を用意しています。

今後クレジットカード入金が復活することに期待したいですが、現状ではWirePay(国内銀行振込)を利用するかエコバウチャーを購入してクレジットカードで支払う方法を選択しましょう。

 

まとめ

エコぺイズに実際に入金した様子や、入金方法をご紹介いたしました。

実質3種類の入金方法から選べますが、現状ではWirePay(国内銀行振込)でエコぺイズに入金する方法が一番手間がかからず安心かなと思います。

WirePay(国内銀行振込)で入金する際はぜひこのページを参考にしてみてくださいね!

次の記事では、いよいよエコペイズ残高を出金してみます。

▼エコペイズの出金方法とは?


 
 

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!