Webanq(ウェバンク)の入金方法と手順

現在カジペディアスタッフは、ウェバンクに実際に登録・入金・出金した様子をご紹介しています。

前回は入出金するためのファーストステップ、口座開設(登録)を行いました。無事ウェバンクの口座開設が終わったので、今回はウェバンク口座への入金にチャレンジします!

  • 入金方法は?安全に入金できる?
  • 入金したらウェバンクに反映されるまでどのくらいかかるの?
  • 入金に手数料はかかる?

そんな疑問をお持ちの方、今回のレポートですべて解決します!
それでは実際に入金作業を行っていきましょう!

 

▼ウェバンクの登録・口座開設方法

▼ウェバンクってどんなサービス?

 

国内銀行振込(日本)で実際に入金!反映時間・手数料は?

ウェバンクの入金方法は銀行口座への振り込みのみとなっています。

それでは、銀行振込で入金を行った様子を実際の画面を見ながら説明していきます!

 

入金先の口座をチェックする

入金の際に行う銀行振り込みは、普段行っている銀行振込と同じものです。

しかしながら、入金先のウェバンク口座情報を間違えると資金が戻らない可能性があるので、入金を行う直前に必ず確認しましょう。

 

マイアカウントにログイン

まずは公式サイトにアクセスし、マイアカウントにログインします。

 

入金先を確認する

入金先の情報を確認しましょう。左メニューにある「入金」をクリックします。

すると、振込先の口座情報と注意事項がまとめられたページに移動します。
ページ内に記載の銀行口座へ入金すると、ウェバンク口座に入金が反映される仕組みです。

 

カジペディアスタッフが入金作業を行った際は、振込先としてジャパンネット銀行とりそな銀行の口座番号が記載されていました。
どちらの口座に振り込んでも構いません。

振込先の口座は変更になる場合もありますので、直前に必ず確認してから入金しましょう。

 

入金先の口座を確認しましたが、他にも要確認の注意事項がいくつかあります。

  • 入金時にウェバンクの口座番号、登録した名前を必ず記載すること
  • 初回入金時には身分証の提出を求められることがある
  • ジャパンネット銀行口座は楽天銀行口座からの入金ができない

特に注意が必要なのが、「入金時にウェバンクの口座番号、登録した名前を必ず記載すること」です。

振り込む際に振込依頼人名を入力する欄がありますので、ウェバンクに登録した名前とウェバンクの口座番号を入力します。(例:TARO YAMADA WB1234567

ウェバンクの登録名と口座番号はマイアカウントの上部中央に記載されていますので、そちらを見ながら振り込みを行ってください。

 

国内銀行口座から振り込む

入金先の口座情報と注意事項を確認したら、実際にお金を振り込んでみましょう!

 

自分の銀行口座から入金する

今回カジペディアスタッフは、自分の三菱UFJ銀行からウェバンクへ1,000円を入金しました。
支払い手数料として500円がかかりましたが、これは自己負担となります。

依頼人名にウェバンクの登録名と口座番号を記載しています。

 

ウェバンクへの入金を確認!

国内銀行口座で入金処理が完了すれば、あとはウェバンク口座への入金を待つだけです。

ウェバンク口座への反映は、振り込み後15分程度で処理されるとの案内でした。
一部の金融機関からの営業時間外からの入金は、翌営業日以降になるそうです。

どちらにしても他の決済サービスに比べてスピーディな印象です。

今回カジペディアスタッフが営業時間内に振り込みを行ったところ、本当に15分ほどで入金が反映されました!

 

入金完了のメールをチェック

国内銀行口座からの入金がウェバンク口座に反映されると、登録したメールアドレスに入金完了のお知らせが届きますので確認してください。

 

残高を確認する

入金完了のメールが届いたら、さっそくウェバンク口座に入金が反映されているか、残高を確認してみましょう。

ウェバンクにログインすると、画面右上の「webanq口座残高」に金額が反映されているのが分かります。

ウェバンクはドル口座なので、金額は日本円からドルに自動で換算されます。

また、ページ内の「口座取引」に入出金の記録が記載されています。
右側にある青地に白の三角形アイコンをクリックすると、取引の詳細ページに移動します。

詳細ページでは、取引の詳細や日本円→ドルの換算レートなどが確認できます。

この日の為替レートは「$1=約111円」でしたが、Exchange Rate(換算レート)を見ると「$1=116.95124円」との記載があります。

ウェバンクでは銀行で両替を行う場合や海外でクレジットカードを使用する時と同様に、両替手数料が含まれたキャッシュベースレートを用いています。
そのため実際の為替レートよりも高いレートで換算されることになります。

入金額:1,000円
ウェバンクのこの日の換算レート:$1=116.95124円
1,000円÷116.95124=8.55ドル

という計算になります!

入金手数料が無料とうたっていますが、実際はこのようにレートに手数料が含まれているので注意が必要です。

カスタマーサポートによると、こちらの換算レートはおおむね平日に一度更新されているとのこと。事前に換算レートが知りたい場合は、入金前にカスタマーサポートに問い合わせることをオススメします。

また、この他にも国内銀行からウェバンクの銀行口座に振り込みを行った際の振込手数料も発生しています。(今回は500円)

無事にウェバンクの入金が完了しましたが、作業を行う場合は手数料や両替レートも考慮した上で入金額を決めましょう。

 

ウェバンクの入金方法

無事にウェバンクへの入金が終わったところで、入金方法について詳しく解説していきます!

 

ウェバンク口座への入金は銀行振込のみ

2019年2月現在、ウェバンク口座への入金方法は銀行振込のみとなっています。

ウェバンクが指定した銀行口座に振り込むだけで入金が完了するので、いつも通りの振り込みと変わりません。振込先も日本国内の銀行口座ですので、安心して利用することができます。

取引手数料 無料
通貨 JPY(円)
反映時間 15分程度
一部金融機関からの営業時間外からの入金は翌営業日以降
入金制限 1回$7500まで

また、ジャパンネット銀行かりそな銀行を持っている場合は、24時間いつでも振り込み可能となっています。
振り込んで15分程度待つだけでウェバンク口座に入金されるので、夜中や休日にオンラインカジノで遊びたい時も資金切れの心配がありません!

 

デビットカードは取り扱い停止中!再開予定も無し

ウェバンクでは、2019年2月現在デビットカードを使用しての入出金が停止されています。

 

デビットカードの文字があるのに入金できない

カジペディアスタッフが口座開設・入金作業を行って気になったのが、マイアカウントの右上にある「デビット口座残高」の文字。

さらに、手数料と限度額についてのページを見ると「デビットカードからご入金」「デビットカードへの引き出し手数料」などの文字が…。


しかし入金ページには銀行振込の案内しか記載されていません。

 

カスタマーサポートに問い合わせる

サイト内の文章をくまなく読みましたが、デビットカードの取り扱いに関する記述は見つけられませんでした。
そこで疑問を解消すべく、カスタマーサポートに聞いてみることにしました!

サポートに問い合わせを行う場合はログイン後に左メニューの「問い合わせ」をクリックします。


問い合わせ内容によって送信先のアドレスが異なります。
今回は「一般的なご質問」の問い合わせ先にメールを送信しました。

ウェバンクのカスタマーサポートは年中無休24時間体制となっています。10分ほどで下記のような返答がありました。

カスタマーサポートの返答
デビットカードはお客様の銀行とWebanqを結び付け
お引き出しを簡単に決済頂けるサービスでございましたが
現在はデビットカードのお取り扱いは中止しています。
以前、お引出方法として用意されたデビットカードですが、
日本市場におけるデビットカードシステムは
世界市場のデビットカードとは異なるシステムの為に互換性がなく、
日本では「ワールドデビット対応ATM」等でしか
ご利用いただけなかったり等、利便性が低い為に現在は発行をしていないのが現状となります。
(現状では再開の予定もない状態となります。)

つまりデビットカードの取り扱いは停止中、再開の予定も無いということですね。
ウェバンク口座への入金は国内銀行からの振込で行いましょう。

 

まとめ

ウェバンクの入金方法についてご説明しました。

入金方法は銀行振込のみと選択肢が限られていますが、振り込みからウェバンク口座までの入金が15分程度で完了するのは他の決済サービスにはない魅力と言えるでしょう。

すぐにオンラインカジノで遊びたい人や、夜中や休日に遊ぶことが多い人はウェバンクで口座開設を行ってみてはいかがでしょうか。

最後はいよいよ、ウェバンク口座の残高を出金してみようと思います!

▼ウェバンクからの出金方法は?実際に出金した様子もレポート!

 

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!