【初心者向け】日本でオンラインカジノをしてもいい?始める方法

オンラインカジノを始めるにはオンライン決済サービスへの登録も必要です。また、ゲームで得た配当金やボーナスの入金は課税対象であることから確定申告が必要です。またオンラインカジノは日本ではグレーゾーンにあるという点は認識しておく必要があります。

世界中で人気のオンラインカジノとは

日本国内では競馬や競艇などの国が認めたものしかギャンブルは行うことができません。そのため、現時点で日本国内で「カジノ」は普及しておらず、その知名度も低い状態となっています。

しかし、海外でカジノは幅広く行われており、特に多くの観光客が集まるリゾート地などでは、スロットやポーカーなどのゲームを楽しめるカジノがその地域における重要な収入源となっていることも珍しくありません。そのため、カジノが日本に比べて当たり前の存在となっている国は非常に多く、そのような国・地域では観光客だけでなく、現地の人たちがカジノを楽しむということもあります。

一方、1990年代から急速に普及し始めたインターネットは、このようなカジノの在り方にも大きな影響を与え始めました。その結果、インターネット上で気軽に楽しむことができる「オンラインカジノ」もまた急速な普及を見せ始め、国や地域を超えてカジノを楽しむということも可能となりました。

その結果、現在オンラインカジノは世界中で非常に高い人気を得ており、多くの企業がそのサービスを提供しています。

日本でオンラインカジノをやるのは違法?合法?

一方で、上述のとおり日本国内では競馬や競艇などの国が認めたギャンブルしか行うことはできないため、海外のものであってもオンラインカジノは違法なのではと考える方も多いことでしょう。実際、現時点でオンラインカジノを明確に認めている法律は存在しないため、合法であると断言することはできません。

オンラインカジノの違法性について考える際に考慮しなければならないのが、法律における「対向犯」という概念です。この対向犯には「罪の成立において二人以上の相互関係者が必要な犯罪」という定義がされており、例えば未承認のギャンブルを行った人を摘発する場合、そのギャンブルを提供した側も同様に摘発しなければならなくなります。

しかし、海外のオンラインカジノを利用したケースをこのことに置き換えた場合、国が認めていないギャンブルに講じたという点に関しては違法とすることはできるものの、そのオンラインカジノ自体は海外では合法であり、日本国内の法律を適用しても違法性を問うことはできません。そのため、カジノに講じた側とカジノを提供した側を同時に摘発することができないという点でオンラインカジノは「対向犯」の条件を満たしておらず、それ自体を違法とすることもできません。

以上のことからオンラインカジノは違法、合法のどちらとも断言することはできず、現段階では「グレーゾーン」にあるといえます。

日本では過去にオンラインカジノで逮捕者が

日本でのオンラインカジノはグレーゾーンとされていますが、2016年3月10日に日本で初めて単純賭博罪の疑いで逮捕者が3名出ています。

この逮捕された3名はスマートライブカジノ(現在は閉鎖中)というイギリスが本社を置く登録制のオンラインカジノをプレイしてた模様で、その中に日本人向けのライブゲームが問題になったようです。
日本に住む日本人をメインに狙ったカジノであると警察が判断して、逮捕に踏み切った模様です。

税金はかかるの?確定申告は?

宝くじなどの当選金は確定申告を行わなくてよいこととなっているため、ギャンブルで得たお金も確定申告の対象にはならないと考える方は少なくありません。しかし、殆どのギャンブルで得たお金は宝くじの当選金などとは違い、確定申告を行わなければならないこととなっており、このことはオンラインカジノに関しても同様です。

オンラインカジノで得たお金は確定申告において「一時取得」に分類されます。この項目には最高で50万円の特別控除があるため、税金がかかるのは50万円以上の利益を取得した場合となります。ただし、この一次取得にはオンラインカジノ以外の取得も該当するため、オンラインカジノのみでの取得が少なかったとしても、それ以外の取得も合わせた合計金額が50万円を超える場合は税金の支払い義務が生じます。

また、オンラインカジノの場合、その他のギャンブルとは違い獲得金額の履歴が残りやすいことから、確定申告を行わないと後から指摘を受け、追加徴税などを受ける場合もあるため注意が必要です。

PC以外にもスマホでプレイ出来る?

オンラインカジノの多くは上述のとおりインターネットが普及し始めた1990年代から急速に増え始めたことから、PCでのプレイを前提としたものが殆どでした。しかし、近年ではスマホの急速な普及に伴い、PCだけでなくスマホでのプレイも可能なオンラインカジノが数多く登場しています。

スマホでのプレイにも対応したオンラインカジノの多くは、スマホの小さな画面向けにプレイ画面がシンプルにデザインされており、見やすいだけでなく、動作もスムーズになっています。また、PC向けのものと同様に日本語に対応しているものも多く、日本国内からでも気軽に始めることが可能です。

同様にスマホ対応のオンラインカジノの多くは決済においてもクレジットカードが利用できるなど、利便性の向上に努めているものが多く、現金を用意したり、送金を行う必要がないという点もまた大きなメリットとなっています。

オンラインカジノにおける入出金

一方でオンラインカジノは海外で運営がされているため、使用できる通貨は米国ドルやユーロ、英ポンドなどが主となっており、日本円を日本の銀行から直接サイトに送金し、プレイするということはできません。そのため、オンラインカジノをプレイする際には、そのサービスに対応した入金・出金手段として「オンライン決済サービス」を利用することとなります。

このオンライン決済サービスとは、日本のクレジットカードや銀行を利用して送金したお金を預かり、利用可能な通貨に換えてからオンラインカジノ側へ送金を行うサービスです。また、逆に配当金やボーナスを登録した銀行口座に入金してもらうことも可能です。利用に際しては為替換算手数料などがかかりますが、スムーズにオンラインカジノを利用する上でなくてはならないサービスといえます。

オンライン決済サービスの具体例としては「NETELLER」「skrill」「i-banq」「webanq」などがあり、サイトによって対応しているサービスが異なるため、利用開始前に確認するようにしましょう。また、サービスによって入金しか行えないものや、デビットカードでの利用も可能なものなど、その特徴にも若干の違いが存在することから、それらを比較のうえ、自身に合ったものを利用するのがおすすめです。

まとめ

数多く存在するオンラインカジノはサービスによって特徴が異なり、まずはその中から自身の好きなものを選び、対応しているオンライン決済サービスへの登録を行いましょう。また、プレイをとおして得た配当金は、一定額を超えると課税対象となるため、確定申告を行うことも忘れてはいけません。

一方で大前提として日本国内においてオンラインカジノは合法でも違法でもなく、グレーゾーンにあることから、プレイする上ではそのことも十分に認識しておかなければなりません。


友達にもシェアしましょう!