【解決】DORA麻雀をプレイするのは違法なの?

気軽に楽しめるDORA麻雀ですが実は違法のゲームと言う説もありますのでプレイする際には注意が必要です。どんな部分が違法なのか、DORA麻雀の本当の所を説明します。

大前提にリアルで賭け麻雀するのは違法

カジノ禁止なの

DORA麻雀は、世界各国の人とオンライン上で麻雀を出来るゲームですが、大きな違いはリアルマネーを賭けられる所にあります。

参加者は全員リアルにお金をかけて、ギャンブルで買ったらそのお金をもらうことが出来るのです。実際に麻雀に行かずとも、家に居ながらギャンブルを気軽に出来るゲームとして、多くの方が利用していますが、同時に問題視されているゲームとしても知られています。

DORA麻雀はオンライン上で気軽に楽しめる賭け麻雀として親しまれていますが、そもそもこのDORA麻雀は違法なのでは無いかと考えているユーザーは少なくありません。

大前提として日本国内では現状、ギャンブルが禁止されていますので、リアルの賭け麻雀をするのが違法です。

雀荘で賭け麻雀を行っていたお店が摘発されるというケースも多く、摘発の結果お店が倒産、実際に賭け麻雀をしていた人たちも逮捕という流れに繋がるケースが少なく無いでしょう。

このように日本国内においてリアル賭け麻雀は違法とされていますので、DORA麻雀もこちらに当てはまるのでは無いかとされています。

DORA麻雀では確かに、リアルにお金をかけることが出来ますので、買ったらお金を儲けることが出来るのが魅力です。

国内でプレイしていることで、日本国内のギャンブル規制法に引っかかっているのではないかと心配になる方も多くいます。

確かにオンラインギャンブルでも賭け事は賭け事ですので、賭博罪などの規制面が心配と手を出しづらいユーザーも多く存在するでしょう。

過去には日本で逮捕者も

オンラインカジノの画像

DORA麻雀において過去に逮捕者が出たことは現在ありませんが、オンラインギャンブルにおいては日本国内で逮捕者が出たこともあります。

容疑はいわゆる賭博罪、単純賭博容疑で、リアルマネーをかけていたとしてオンラインギャンブルを行っていた3人が逮捕されたのです。

3人のうち2人は罰金を払って起訴を免除してもらう略式起訴という形に、残り1人は裁判に持ち越して不起訴となりました。

オンラインギャンブルを規制できる法律が無いことが決め手となり、不起訴処分となったのです。結果として3人とも逮捕はされましたが無罪放免となりましたので、オンラインギャンブルはその後も続いています。

ただし、オンラインギャンブル全てがこうした危険性があるという訳ではありません。

逮捕されたこちらのケースの場合、運営側が日本人を対象にゲームを行って居たこと、チャット機能を使った操作をしやすい環境が作られた事が原因としてあげられます。

法の隙間をかいくぐるという訳ではありませんが、DORA麻雀の場合は違法にならない理由がありますので、安心して楽しむ事が出来るでしょう。

DORA麻雀をプレイするのは問題ない?

DORA麻雀はこのように過去に摘発されたこともあるリアルギャンブルですが、専門家によると日本国内でプレイしている方は多く、いずれも違法性が少ない、摘発されるのは極めて稀とされています。

基本的にプレイそのものは決して違法性がない、安全に楽しめるゲームと言えるでしょう。

その理由はDORA麻雀の運営会社にあります。

DORA麻雀を運営しているのはサーバーは、日本企業では無く海外サーバーです。

そのため日本国内でのギャンブルというカテゴリでは無く、あくまで海外のサーバーを通じて海外でギャンブルをしているのと変わらない状態の為、DORA麻雀をプレイするのは問題ないとされています。

またDORA麻雀は国際ライセンスを取得して営業をしている企業ですので、国が認めたゲームとして知られているのも、違法性が無い根拠です。

国際ライセンスは誰でも申請すれば取得出来るという事では無く、厳しい審査を経た上で国が認めたゲームという証ですので、公平なゲーム、公正なゲームと国が認めている点も、安心なポイントと言えるでしょう。

カジノやパチンコなどの各種ギャンブルとは異なり、不正やイカサマがされない、そもそもするメリットが無い為運営側がする事が無いというのが特徴です。

運営側が不正をせずとも、黙っていれば利益がどんどん手元に舞い込んで来る仕組みですので、胴元の立場としてゲームを観戦しているだけで運営側が設ける事が出来ます。

特定の誰かを負けさせるように仕組んでも何の得も無く、ただ手間がかかるだけですので、運営側が不正をする事はまずありません。

イカサマをしようにもオンライン上の麻雀ですので、リアル麻雀と違って駒を入れ替えるような小手先のイカサマも出来ないことはもちろん、運営は第三者機関からの厳しい監視があります。

そのため参加者はもちろん、運営者側が厳しく目を光らせて、ゲームを公平に楽しめているかどうか確認する義務があります。

このような部分においても、イカサマはまず難しいと言えるでしょう。

カジペディアに在籍しているライターが執筆したものです。 カジノに詳しいライターが分かりやすく丁寧にご紹介します。


友達にもシェアしましょう!