オンラインカジノ利用者で逮捕者が!経緯とその後【日本初】

オンラインカジノの違法性について、実は利用者の逮捕事例はありますが、検察側によって利用者側を有罪とするのは難しいとの判断がされています。そのため、オンラインカジノの利用は極めて合法に近いといえますが、その利用は自己責任であることも忘れてはいけません。
今回は日本で起こったオンラインカジノ利用者が逮捕された事件と運営者側が逮捕された事件についてご紹介していきます。

日本初?オンラインカジノ利用者で逮捕者が

逮捕

グレーゾーンにあることから、現時点では明確に違法ということはできず、合法とも見られるオンラインカジノですが、その利用者の逮捕例があることも見逃すことはできません。

海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。

引用元:産経WEST

2016年に海外に運営元があるオンラインカジノを利用した日本国内在住の男性3名が賭博(単純賭博)の疑いで京都府警によって逮捕された事件がありました。無店舗型のオンラインカジノの利用者が摘発されたのは全国でも初めてであったことから、当時多くの注目を集めました。

この3名が利用していたのは「スマートカジノ(現在は閉鎖されている)」というイギリスに拠点を置く登録制のオンラインカジノで、逮捕容疑としては2016年2月18日~26日の間にスマートライブカジノを利用して、カードゲームで約22万円(クレジットカードで)を賭けたとされています。
このカードゲームというのはスマートカジノでは「ライブゲーム」というライブ配信型のカジノがあり、それが日本人のディーラーが日本語でゲームを進行し、しかも開催時間が日本時間の夜だったため、明らかに日本に住む日本人を狙ったものと判断し、それらが賭博罪に適応するとしてプレイしていた3名を容疑で逮捕しました。

また、クレジットカードを使ったことで身元が分かったそうなので、今のオンラインカジノの多くは入金でクレジットカードが使えるので、使用している人も少なくないと思います。安全性を疑うようなオンラインカジノではクレジットカードの情報が流出することもゼロではないので、リスクがあるのを知ったうえでクレジットカードを使うか他の方法で入金するかよく考えた方がいいでしょう。

逮捕=有罪という訳ではない

本来合法であるはずのオンラインカジノを利用することで逮捕されるのはおかしいのではと考えることもできますが、ここで注意しなければならないのが「逮捕」とはあくまでも「疑いがある」というだけであり、その時点で明確に有罪であるというわけではないという点です。特にオンラインカジノに限らず、グレーゾーンといわれる行為に対しては警察も常に目を光らせており、違法・合法の判断を法の裁きに委ねることを目的として、特に多くの利益を得ている利用者などが逮捕されるということは珍しくありません。

そのため、このオンラインカジノの利用者の逮捕事例に関しても、逮捕をされた時点で被疑者の有罪が確定した訳ではなく、オンラインカジノ自体の違法性・合法性を決定づけるという意味でその後の判決には多くの注目が集まりました。

その後2名が略式起訴で1名は裁判に

捕後の経過にも大きな注目が集まったこちらの事件でしたが、逮捕された3名のうち2名は略式起訴を受け入れ、罰金を払う形での釈放を選択したことから裁判へと進展することはありませんでした。

略式起訴とは、簡略化した起訴の方法で、正式裁判を請求せずに、略式手続で処分を終わらせることです。

引用元:略式起訴とは|概要と手続きの流れ・メリットなどを徹底解説|刑事事件弁護士ナビ

略式起訴は、迅速に事件を解決するために裁判など行わずに、捜査結果を元に裁判所が罰金額を決定します。
略式起訴ができる条件には100万円以下の罰金に想定する事件ものなので、2名は裁判を避けるため数十万円を支払ったとされています。

残りの1名の動向に対してはさらに多くの注目が集まり、略式起訴を選択せずにオンラインカジノを利用したことは認めたものの、そもそもオンラインカジノの違法性を明確にする法律は日本にはなく、そのような状況であるにもかかわらず唐突に逮捕されたことに対して不満を感じており、その点についても裁判で争いたいとの意思を示しました。

裁判の判決結果は不起訴処分!

不起訴
刑事裁判で争うことを望んだ1名ですが、結果的には「不起訴」処分になりました。

不起訴処分とは、検察官による「被疑者を起訴しない」という決定のことです。

引用元:不起訴処分には種類がある~不起訴処分~ | 刑事事件弁護士相談広場

不起訴処分は、検察や警察による証拠の元から、起訴するかどうかを判断しますが、検察官が被疑者(容疑者)を起訴するに値しないと決めたら「不起訴処分」となります。

不起訴はその理由に応じて,「嫌疑なし」,「嫌疑不十分」,「起訴猶予」の3種類に分類できます。

「嫌疑なし」とは,捜査の結果,被疑者に対する犯罪の疑いが晴れた場合です。

「嫌疑不十分」とは,捜査の結果,犯罪の疑いは完全には晴れないものの,裁判において有罪の証明をするのが困難と考えられる場合です。

「起訴猶予」とは,有罪の証明が可能な場合であっても,被疑者の境遇や犯罪の軽重,犯罪後の状況(示談がまとまったかどうか等)を鑑みて,検察官の裁量によって不起訴とする場合です(難しい言葉で「起訴裁量主義」といいます)。

引用元:起訴と不起訴とは | 刑事事件に慌てないための基礎知識 | 逮捕・勾留など刑事事件の弁護士はアディーレ法律事務所

不起訴処分の種類は色々ありますが、大きく分けると上記の3つに分類することができます。
今回の事件はこれらに当てはまったので、警察側が不起訴処分を決めました。

不起訴になった背景には弁護士の津田岳宏氏

今回の検挙に対して被疑者の弁護を行った津田岳宏弁護士によって、該当のオンラインカジノは運営元が海外にあることから検挙できないにもかかわらず、その利用者だけが検挙されることの不当性を主張する意見書が検察庁に提出されました。

津田岳宏弁護士のこのような主張には、賭博行為は賭博を行う場所を提供した胴元側が刑事責任を負うべき主たる対象であり、その利用者はあくまでも付随的な存在であるという考え方が根本に存在しました。
それに加え、賭博行為の違法性に対しては、胴元とその利用者が共に検挙されなければならない「対向犯」の概念が適用されることから、そもそもオンラインカジノ側を検挙できない時点で利用者は検挙対象ではないとの考え方は決して奇をてらったものではありませんでした。

この結果、津田岳宏弁護士のこのような主張が考慮されたか否かについては言及されませんでしたが、検察側は津田岳宏弁護士の主張とほぼ同じ理由から被疑者の起訴は困難であるとの判断を下し、最終的に被疑者は不起訴処分となりました。
そのため、オンラインカジノの違法性が裁判所にて議論されるということはありませんでした。

実際に今回の裁判の結果以降、オンラインカジノ利用者で逮捕された事件は2018年11月現在まで起こっていません。

今回の判決で改めてオンラインカジノはグレーゾーン

スマートフォンでオンラインカジノをプレイする様子

上述したオンラインカジノ利用者の逮捕事件では、逮捕された3名のうち2名が略式起訴を選択し、残りの1名も検察側の判断により不起訴処分となったことから、裁判にて有罪・無罪の判決が下されることはありませんでした。

そもそも不起訴と無罪には違いがあり、前歴が残るか否かなどの大きな違いもありますが、

また、不起訴処分の場合「罪とならず」や「嫌疑なし」の場合にはそもそも犯罪が成立していませんが、それ以外の理由の場合、「犯罪は成立している」可能性が残ります。

引用元:不起訴処分には種類がある~不起訴処分~ | 刑事事件弁護士相談広場

不起訴処分=100%違法とは言えないので、明確な判例がない以上オンラインカジノは依然としてグレーゾーンにあるということができ、それが違法であると断定することもできません。

IR実施法可決でオンラインカジノに影響は?

2018年7月20日にカジノを含むIR(統合型リゾート)実施法が通常国会で可決され、日本でもカジノ施設ができるようになりますが、オンラインカジノに関してはまた別問題なので進展はありません。
今回のIR実施法ではギャンブル依存症対策からカジノ事業において実施を認めるカジノ行為は、カジノ施設内に限定するということなので、カジノ施設外であるオンラインカジノは認めないという見解ができます。
いずれにしてもオンラインカジノに関してプレイするのは違法という法律も現時点ではないので、今回のIR実施法で何らかの進展がある可能性はないとは言い切れないでしょう。

まとめ

ここでは日本国内で初となったオンラインカジノの利用者の逮捕事件と判決の経緯について解説しました。

現状でオンラインカジノの違法性を断定するのに十分な根拠は、少なくとも日本国内には存在せず、今後も逮捕から起訴にまで至る事件が発生する可能性は極めて低いといえます。しかし、オンラインカジノが合法であるとする理由は、「運営元の検挙ができないのだから合法である」という消去法的なものであるため、その合法性を証明にできる根拠が存在しないということもまた覚えておいたほうがよいでしょう。

bee888と言います。最近はもっぱら、オンラインカジノをプレイしたり情報収集にいそしんでいます。
この知識を生かして、何かお役に立てればいいなと思います。


友達にもシェアしましょう!